Yahooニュースでタバコに関連するニュースを見るたびに

色々と考えさせられます。


特にオリンピックの開催に託けてやろうとしていることには

正直、呆れていますが・・・


そんな記事に対するコメントに目を通すと

色んな考えを持った人の意見が見られるので

記事よりもコメントのほうが面白いと思います。



さらにコメントをする人を分類すると

個人的にはこんな感じになります。


・愛煙家(コメント少なめ)

→最初か最後に「喫煙者ですが」をよく使う


喫煙者(ただの喫煙厨)

喫煙行為記事関心無し


・元喫煙者(喫煙擁護派ないし中立)

→喫煙のメリットとデメリットがよくわかっている


元喫煙者(嫌煙家/タチが悪い)

→禁煙した腹いせか大義名分をよく使う


ただの嫌煙家(もはや病気?)

利己的な理由が多く、そもそも理解がない


・非喫煙者(1番まともなのかと・・・)

→「それな!」という意見が多く、国政の矛盾に気が付く


赤字ちに関しては私は嫌悪感しかないと。

ここが特に問題をややこしくしているような気がします。


よく言われる歩きタバコは

喫煙厨しかやっていないと思います。

ポイ捨ても然り。

日本の喫煙者の大多数は喫煙厨ってことになりますけど。。

で、この喫煙厨に対して嫌煙家が噛みつく不毛なループと。


そもそも喫煙厨がいなければ嫌煙家もいなかったハズ。

マナーやモラルが守れない喫煙厨が嫌煙家を生んでしまったんですね。


しかも、この負の構図に政府が輪をかけたように

誰が得をするのか(たぶん汚職の進んだ政治家と企業と病院)

こじつけ条例を作ってしまう。



言いたいことはわかる。健康だのマナーだのと。

でも、よく考えてみよう。

なぜ喫煙できる場所ばかり減らす?

税金を増やす?

決して安くないタバコ税を払っているのに

迫害ばかりで、喫煙環境を良くしようとはされない。


私には

A:「国の金がやばいよ」

B:「どうする?」

C:「タバコ税上げて、それで補てんしようぜ」

A:「税金上げても世間は許すだろうしな」

B:「タバコ税をタバコのために使うルールはないしな」

C:「決まりだ、タバコ税を増税しよう」

的な感じ?に推測しています。

こんな単純ではないでしょうけど。


終いには、世界基準とか持ち出してきているけど

根本的に各国の情勢なんて様々であるのに

そこだけ足並み揃えるの?

そこの足並みを揃えるなら、他の部分も全く同じにして

他国のコピーをすればいいじゃないか。


どうも政治家や関係者に都合の良いように

解釈されているようにしか思えないんですが、これは。


タバコ関連の記事のコメントに必ずあるやつが

「色々と締め付けるなら、タバコ自体販売しなければ良いじゃん」

「これだけ問題があるのに販売するのは、タバコ税目的だろ」

こんな感じのコメントを必ずと言っていいぐらい見かけます。



つまるところ、タバコ・喫煙のインフラ整備が必要ってことだと。

売るのはOKで、喫煙はダメって矛盾にもほどがある。


この前読んだ記事には、コンビニ前の灰皿の撤去の問題があったけど

コレなんかは、まさにそれだと思う。

ルールやマナーを前面に出して色々やるのであれば

それに見合ったインフラの整備をしてほしい。



もう一度、インフラの整備をしてほしい!

コレだから。大事なのは。



だいぶ文句が目立つようになってきてしまったかな。

でも、これが本音。

喫煙は文化で嗜好品なんです。

そこをわかってほしい。


求めるのは迫害ではなくインフラです。

インフラが整備されれば今の喫煙の問題も

少しずつ改善されていくはずだから。